ブログ更新が止まったとき僕が考えたこと(解決編)

ブログ開設

前回はブログ更新が止まった原因について考えてみました。

超訳すると、ブログを書く時間がない。
ほかのどーでもいいことに時間をかけてしまう。

というのが、ブログが書けない原因でした。

では、どうやって時間を捻出するのか。
どうやったら、他ごとに時間を取られないのか。
今回は解決編です。

大前研一さんの言葉から考えてみた。

ここで最初に紹介した、大前研一さんの名言に戻りましょう。

「自分を変えるにはどうしたらいいか。(略)
時間配分を変えること。
住む場所を変えること。
そして付き合う人を変えることである。」

              大前研一

出典:PRESIDENT Online

解釈は人それぞれ違うと思いますが、今の僕はこう考えて実行してみました。

①時間配分を変えること

僕の時間を奪っているもの、1日のなかで不本意に時間をかけてしまっているものはなにか。

僕の場合は、テレビとスマホ。

別に見たいと思ってるわけじゃないけど、とりあえず点けるテレビ。

使いずらいように、こうしてみました。

ただテレビにマリメッコの生地をかけるだけ。

たったこれだけですが、だからこそ実践しやすいです。

テレビを点けない、見ないようにするには妻の協力も必要です。
我が家の賃貸マンションは、作業スペースとくつろぐリビングが一緒の空間だからです。

妻がどうしても見たい番組がある!って時にはちゃんと譲ります。
妻もフルで働いているので、お互い仕事も家庭もいっぱいいっぱいになることもあります。
そんなときに、「俺作業してるから、テレビ点けないでよ」とは言えません。

正確には、過去に言ったことがあって、部屋は静かになりましたが、空気がめちゃくちゃ気まずくて気まずくて。。。

それ以来、テレビは自由に点けていい。
というのが、我が家の共働き夫婦の円満ルールのひとつです。

妻がテレビを見たいときには、遮音性の高いイヤホン・ヘッドホンを使ってテレビの音が聞こえない環境を使ってます。

僕が使っているのはこちら。

ヘッドフォン・・・DENON AH-D1200
イヤホン・・・C5 Series2

どちらも遮音性が高く、付け心地も良いです。

聴く音楽は、作業によって変えてます。
アイデア出しや、Apple Pencilで絵を書くときは、
自分の気持ちをノラせるために
「DJKAORIさんの洋楽メドレー」

勉強など、頭をフルに使って考えるときは、
YouTubeで「水のせせらぎ音」

どちらもめちゃくちゃオススメです。あまり人に教えたくないぐらい。
逆にやめたほうがいいのは、邦楽全般です。

別の言葉や数字に頭を使いたいときに、耳から日本語が入ってくると全然集中できません。

次にスマホ。
すごいちょっとしたことで、今すぐできますが、効果バツグンの方法があります!!
それは、
パスワードをながーく&意味のある言葉にすることです!!

今まではスワイプのパスワードで、楽々開けていましたが、
自分が好きな名言をアレンジした16文字に変更しました。
パスワードの最大は、僕のスマホの場合は17文字なので、ほぼ最大。
めちゃ長くて、開きづらいですw
英数字なので入力画面をフリックではなく、キーボード画面にして、片手では入力しづらくするのもポイント。

さらに長さだけでなく、名言をスマホを開くたびに入力するので、
一度スマホを本当に使う必要があるのかどうか、立ち止まることができます。

特に気になることもないのに、
とりあえずSNS開いてダラダラ見るとか、ネットニュースを見るとか。
そう言った本当に自分がやりたいことじゃないけれど、時間をかけてしまっている、取られているものに気づくトリガーになりました。

もうひとつ副次的な効果として、歩きスマホならぬ立ちスマホしなくなりました。

立スマホって言葉があるのか不明ですが、例えば
信号待ちとかすっごいちょっとした時間でも、スマホを取り出すことってありませんか?
特に僕のようにポケットに入れてたりすると、
つい癖で、ふとスマホを取り出しちゃいます。
そんなとき画面つけた途端、
「あ、パスワード長っ!めんどくさ!!」
となり、だんだんとその癖も無くなりました。

他の悪習慣もこの「めんどくさいの壁」を使えば、対処できるかもしれませんね!

②住む場所を変えること

これに関しては、住む場所は変えてません。
いまは賃貸マンションに妻と2人で住んでいますが、2人とも電車通勤で乗り換えなし。
駅も近くて、割と楽な通勤です。利便性を考えると変える必要ありません。

大前さんも、こう言っています。

引っ越しが難しければ、通勤ルートを変える手もある。
最短距離を探求するばかりではなく、時には時間を無視して電車やバスの路線を変えたり、乗換駅を変えたり、自宅から駅までのルートを変えてみる。
大前研一

出典:PRESIDENT Online

言われてみれば、これまでの僕の通勤は、
毎日同じルート、
同じ車両、
同じ改札口、

なにも考えることなく、おんなじことの繰り返しでした。
何も考えずぼーっと、自宅から会社まで無意識に通勤していました。

なので最近は、意識的に通勤ルートを変えてます

乗る車両、乗ってからの位置、乗る時間帯を早くしたり遅くしたり・・・

電車を降りてからも最短ルートじゃなく、
少し遠回りして、違う道で行くと、今まで知らなかった建物やお店が見つかります。
通勤一つで、いろんな変化が加えられました。

特に驚いたのが、乗る時間帯。
いつもは通勤ラッシュに巻き込まれながら通勤でしたが、
ある時いつもより1時間早い電車に乗ってみました。
それはもう快適でしょうがないw

座れるほどではないですが、周りに人がいないだけでこんなに快適なのかと。
普段の通勤ラッシュで、感覚が麻痺しちゃってたと気づきました。

またこれは通勤電車あるあるだと思いますが、
同じ時間帯・同じ車両だと、見知った顔の人が増えますよね。
「またあの人に、列の先頭越された」とか、
「あの人は席が空いたらすぐに座りにいくよな」とかw
そういうストレスともおさらば。

帰り道も遠回りして、マックに寄ってコーヒーを飲んでから帰っています。

(余談ですが、最近のマックのコーヒーは美味しいです。昔は本当に不味くて、飲みきれませんでしたが。昔のイメージで敬遠している人は行ってみてください)

そこで、ブログ記事も書いてます。
人目があるので、自宅でやるよりもちょっとした緊張感もあり、捗りますね。
マックだと頻繁に寄ってもコーヒー一杯100円でお財布に優しくオススメ。

③付き合う人を変える

これがなかなか難しいです。
付き合うということばの解釈はいろいろあると思いますが、
仕事で言えばなかなか関わりのない人とコミュニケーションをとれるほどの、能力はないし。
憧れてる先輩と飲みに行くとかも、いつかできたらと思いつつ、なかなか出来ないです。
リアルな世界だと、コミュ力の低い僕にはハードルが高いです。

じゃあ二次元か!?
ということで、ツイッターで自分が素敵だなーと思っている人が
フォローしている人を覗いてみました。
これが意外と面白く、いろんな人に繋がっていきました。

まずは自分がフォローしている。
国際政治学者の三浦瑠璃さん。

三浦さんのフォローしている人を見て、最初に出てきたのが
フジテレビ報道局の阿部千代さん。
ツイートをつらつらと見ていると、気になるツイートが。

阿部千代さんのことは残念ながら、詳しくは知らないんですが、
人生の5冊に選ぶ本。となれば気になります。
内田百間さんとう方も今まで聞いたことのない人ですし。

さらに他の方を見てみると、
安倍総理大臣もtwitterのアカウント持ってるんですね!!

思わずフォローしましたw

さらに安倍さんのフォローしている人を見ると、また面白いことがわかります。
フォロー数はわずか18人。

サイデス
サイデス

一国の総理大臣のアカウントがフォローしている18人ってどんな人なんだろう?

政治に詳しくない僕ではわからない人も何人かいますが、
トランプ大統領、オバマ前大統領、ホワイトハウスなど
アメリカ関係が多くを占めています。
またイギリスのキャメロン首相、インドのナレンドラ首相など。

アカウントのあるなしもあると思いますが、
アジア諸国のトップとは繋がっていないんですね。
また前東京都知事の猪瀬さんはフォローしいますが、
現東京都知事の小池さんはフォローしてないんだなーなど、
あくまで憶測ですが、交友関係が見えて面白いです。

 

もっと原始的な方法として、読書もありますね。
それも今まで読んだことのないジャンルや、詳しく知らない人の本を読んで見るべく、

僕が実践したのは、大型書店に行って、全く興味のないジャンルの本棚の立ち読みです。

僕が立ち読みしたのは訪問看護です。
特に決めた理由はありません。ただ今までの自分なら手に取らないジャンルでした。
専門的すぎるものは、全く意味がわからなかったですが、
緊急時の対応入門編、みたいな本だと、これを知っているかいないかで、
自分がその場に立ち会った時に、救える命があるのかもしれない。
なんて想像も膨らみ、パラパラと立ち読みしただけでしたが、新たな出会いがありました。
(買うまではいきませんでした。書店の方すみません)

その立ち読みを経て、ふらふらと文庫本コーナーものぞいてみると、
面白そうなタイトルの本に目がとまりました。
「論語と算盤」渋沢栄一

「これってもしかして、新紙幣の人??」
僕が見つけた書店では、特に大掛かりに新紙幣のPOPが貼られてるわけでもなく、
文庫本コーナーの端っこに、平置きされてました。
パラパラと読んでみると、うーん。語り文字が古くてちょっと読みづらい。
今話題だし、論語と算盤というタイトルもなんだか気になる。
買おうか迷った挙句、保留に。。。

後日、Amazonで「渋沢栄一」と検索すると、


「論語と算盤」の現代語訳版がありました!!

しかも、Kindle版もあります。
早速サンプルをダウンロードし、原文に感じた読みづらさが無く、
内容も面白いため購入しました!

今までよく読んでいた、キャッチーなタイトルのビジネス本と違い、
古典とも言える堅さの内容。
現代版といっても、読んで理解するのは大変そうです。

まだまだ読み始めですが、後日レビューも書きたいと思います。

ここですごく普通のことに気づきますw

サイデス
サイデス

「こうやって行動が変われば、ブログ記事にできることも広がっていくんだな」

ツイッターや読書はあくまで、実際の付き合う人を変えるためのステップなので、
ここからステップアップすることも忘れずに挑戦していきたいです。

最後に

今回の記事もブログが書けなくて苦しくなり始めた、自分に向けて書いてみました。

記事が書けなくなって、どうしたらいいか。
それ自体を記事にし始めたら、意外に書けましたw

書けないことにちゃんと向き合って、原因と解決策を自分なりに考えて見ること。

同じような心境の人がいたら、参考になればいいと思います。
きっとあなたと僕とでは、原因や解決策は違うでしょうから、
それを考えた結果をブログに載せてみてはいかかですか!

コメント