リトビデータベース「伊吹山」

リトビデータベース

リトビデータベースのページでは、
登山の際、必要な情報をコンパクトにまとめたページです。
今回は滋賀県の伊吹山です。

伊吹山基本情報

 

今回の登山を一言で表すとしたら、
暑い、暑すぎる。に限ります。
体内の水分が全部出たんじゃないかと思うほど汗がずっと出っ放しでした。

登山道や施設はしっかり整備されており、登山者も多いので、
安全な道のりでしたが、日陰が9割ありません。

僕らが登山し始めたのが9時でしたが、
上りの途中で下山してくる人が結構いました。
慣れている皆さんは、もっと早い気温が低い時間帯から登っているようでした。

駐車場の場所

僕らはこの登山道の手前で、
案内棒?を持ったおじさんに呼び止められ、言われるがまま駐車場に案内されました。
そこで500円を払って止めましたが、
登山口からは一番離れていた場所のようで、結構遠かったです。

この写真の登山口近くにも駐車場がありましたので、
登山口よりだいぶ手前で出現するおじさんをなんとか振り切り、
少しでも近い駐車場に止めましょう。

日帰りだとトータルで山の中にいたのが、9時間強です。
体力も気力も限界で、登山口から駐車場までの距離が地味に辛いです。

名古屋駅からのアクセス時間(車)

持ち物一覧(装備)

前回の茶臼山と同様の装備

 

コロンビアのハット

速乾タオル(アマゾンで買いました)

今回はこれがなかったらと思うと、ゾッとするぐらい、

このタオルに助けられました。
前述したように、この日はとにかく暑く、拭っても拭っても汗が吹き出てきました。

そんな中、このタオルは何度吹いてもすぐに乾く。

タオルの端にはスナップボタンで取り付けできるフックがついており、


ザックのベルトにつけっぱなしにすることで、
いちいちポケットから出し入れする必要もなく、

汗はものすごいストレスでしたが、タオルは快適でした。

 

 

持ち物一覧(食料)

<昼食用>

・カレーメシ

<行動食用>

・ゼリー飲料×2(アミノバリュー、ドラッグストアPB)
・グミ(果汁グミ)
・ラムネ(ジューC)
・柿の種 梅ざらめ味
・飴(岩塩飴)
・プロテインバー(グラノーラ)

こちらは持っていったが食べなかったものです。

長時間かかっていたのでお腹は空きましたが、
暑すぎて、口がパサパサになるものはどう頑張っても食べる気になりませんでした。

<注意>
伊吹山はローカルルールにて火気厳禁となっています。
僕らは知らずに使ってしまいました。
事前に調べずに、周りの人にも迷惑をかけてしまいました。
これから行く皆さんも気をつけましょう。

伊吹山 利用と保全のローカルルールについて|米原市
伊吹山山頂近辺の琵琶湖国定公園特別保護地区および国指定天然記念物区域を含むお花畑等貴重な植生や自然景観の保護再生を目的に、平成20年度より滋賀県、米原市、学識経験者、地元、ボランティア団体、関係企業等を中心に伊吹山自然再生協議会(現:伊吹山を守る自然再生協議会)を発足し、自然保護や再生の計画、再生事業の実施方法等につい...

下山後の楽しみ

まずはお風呂「ぬくいの湯」

ぬくいの湯
岐阜の日帰り癒処『ぬくいの湯』

入館料平日680円、土日祝780円で

お風呂と岩盤浴が楽しめます!

2018年にオープンしたばかりで、めちゃくちゃ綺麗なスーパー銭湯です。
僕らは下山した時間が遅く、夕食のラーメン屋さんの閉店時間ギリギリだったので、
さっとお風呂だけ入りましたが、
休憩所も広く、漫画もありました!

ゆっくりしたい方は、登山開始時間に気をつけましょう。

 

 

風呂上がりにラーメン!

関連ランキング:ラーメン | 北方真桑駅

 

ぬくいの湯からのアクセスもしやすいです!

ただかなり人気のお店らしく、僕らも閉店間際でしたが、
10人以上待っていました。
下山後→お風呂→ラーメンまで、結構時間がかかるので、
下山後に軽く、余った行動食などを食べておくといいかもしれません。

僕は肉そばにしました!

疲れた体に染みます。
周りの人や食べログを見ると、まぜそばやつけ麺もめちゃくちゃ美味しそうでした!

コメント