リトビデータベース「多度山」

リトビデータベース

リトビデータベースは、
登山の際、必要な情報をコンパクトにまとめたページです。
今回は三重県桑名市の多度山です。

今回のキーワードは
「施設快適ハイキング」と
「裸の展望台」です。

多度山ー基本情報

今回は標高も低く、登山時間も往復で2時間ほどと、登山というより
ハイキングです。

登っている他の方も、普段着もしくはちょっとしたスポーツウェアの方が多かったです。

登山の上り下りはかなり楽でしたが、山頂の景色は遮るものが何もなく、
名古屋駅のビル群まではっきり。こんな気持ちの良い景色が見れます。

登山としての物足りなさはありますが、
登山口・山頂とトイレがあり、快適なハイキングが楽しめます。

駐車場の場所

駐車場のセットは「多度山道入口駐車場」です。

駐車料金は無料ですが、駐車台数は写真のスペースが2つで、
10台ほどしか停められないので注意が必要です。

仮設トイレがあります。
ここの駐車場が空いていない場合はこちら↓

登山道から地味に離れていますが、歩けない距離ではありません。

名古屋駅からのアクセス時間(車)

名古屋駅から一般道でも50分ほどとアクセスしやすいです。

多度大社前交差点を右へ曲がると、大きな鳥居が!
ここをもう少し奥へ進むと多度大社へ着きます。
多度大社にも駐車場がありますが、登山をする方はさらに右奥の駐車場へ止めましょう。

持ち物一覧

 

ウェア編

・上半身

ファイントラックのドライレイヤーに、モンベルのメリノウールハーフジップを合わせました。
登山口時点で18℃と肌寒かったんですが、
行動中は天気とメリノウールのおかげか、じわっと汗をかくほど暖かかったです。
念のため用意した、インナーダウンは使わず、
山頂でも薄手のパーカーを羽織れば十分でした。

帽子は夏用から秋用にウールのキャップを被りました。
そこまで寒さは気にならない気温でしたが、やはりウールは暖かく、
登山前から被ってもおしゃれです。

・下半身

モンベルのパンツの中で中厚手の「マウンテンガイドパンツ」一枚でしたが、
暑くも寒くもなく、足さばきも難なくこなし、デザイン性もあってバッチリでした。

・靴

今回は舗装された安全な土道のみのため、マムートの軽く柔らかな
トレッキングブーツがぴったりでした。
多度山であれば、履き慣れたスニーカーでも特に問題なく登れそうです。

ギア編

山頂には木製のテーブルと椅子があり、ゆったり休憩することができます。
さらに100均のメッシュのクッションを引くことで、快適に。

快適すぎてゆっくり食事をして、50分も山頂で休憩していました。
ほぼ登山時間と同じ。

食料編

今回はサーモスの水筒にあらかじめお湯を入れ、
マグでスープとカップラーメン、パンを昼食にしました。

行動中は暑かったのが、山頂は体も動かさないですし、少し風も吹き始め、
温かい食べ物がしみます。

 

行動食については一応持って行きましたが、
登山時間が短く、座って休憩することがなかったため食べませんでした。
お昼にデザートとして、しるこサンドを2枚食べました。

下山後の楽しみ

パワースポット多度大社へ

登山口の駐車場へ戻って、一度車に乗って多度大社へ。

多度大社
三重県の北部の神社、別名:北伊勢大神宮

多度大社前の駐車場は有料で200円です。

 

この日は七五三の時期らしく、晴れ着を着た可愛いお子さんがたくさんいました。

裸の展望台。水晶の湯へ

多度大社でお参りをした後は、汗を流すために水晶の湯へ。

駐車場は水晶の湯ではなく「月見の森」にセット。

なぜかというと、ここの温泉は高台にあり、
駐車場からは無料のシャトルバスもしくは、徒歩でしか行けません。

そのため高台前の月見の森駐車場へ車を停めます。

シャトルバスで5分もかからず到着。
多度山よりは低いですが、ここも十分綺麗な展望です。
そして何よりのポイントは、露天風呂からも同じく高台からの景色が見れることです。
僕が今まで入った露天風呂の中で一番気持ちの良い景色でした。
写真は公式ホームページをチェックしてみてください。
http://suisyounoyu.com/bath.html
裸であれだけの景色を見れると、登山とは違った爽快感があります。
ぜひ見に行ってください。

メインの露天風呂以外にもジェットバスや、スチームサウナなど
520円では安すぎるほど、充実したお風呂でした。

夕食は併設の食事処で。

お風呂に併設されている食事処というと、皆さんはどんなイメージですか。

お風呂にセットでついているだけの、おまけのような存在だと思っていました。
お風呂のついでにまあご飯でも食べるかというような、
美味しさよりも腹を満たすだけのような。

そのイメージをぶち壊されました。
最初はなんとなく美味しそうな感じがしたから、入って見ただけでしたが、
本当に本当に美味しかったです。
僕が注文したのは、オススメのボードが出ていた
「きのこあんかけうどん」950円

ちょっと高いかななんて思いつつ、なぜかこのメニューに惹かれて注文。
注文は食券方式です。
この食事処からも綺麗な景色が見れます。

そして到着したきのこあんかけうどん。
ちょっとアップで撮りすぎて伝わらないんですが、
器の大きさは2〜3人分の鍋ぐらいの大きさです。

大きさに圧倒されましたが、美味しすぎてぺろりでした。
しめじときのこ、舞茸がどっさり入っていて、
だしのきいた醤油ベースのあんとうどんと絡み合い、
ひたすらうまいです。
個人的にはここ1年食べた全ての中で、一番感動した美味しさでした。

おそらく秋限定のメニューだと思いますので、お早めに!

道中ギャラリー

今回は登山道が2時間と短く、安全なため道中の見所はあまりありませんでした。

木々が立ち並ぶ、木陰の道を進んでいきます。
いかにも手書きの案内で、9合目まで表記があります。
それぞれの間隔が短いので、すぐに次に着いてしまいますが、
こう行った表記があると、地図を見なくても登山の全体像が見えて便利ですね。

5合目以降はいくつか丸太のベンチがありました。
体力に自信がない方はゆっくり休んでいきましょう。

 

コメント