cocoonからswellにテーマ変更しました!

【新社会人におすすめ】スーツに合う履き心地抜群の2万円代革靴を紹介します!

新社会人のみなさん、お疲れ様です。

社会人となって、はや2ヶ月が過ぎ、初給料で親御さんへの恩返しが済んだ頃でしょうか。

そして、そろそろ初ボーナス(と言っても最初は雀の涙かもしれませんが)が出る頃。

就活生から使っていたスーツや革靴だけでは物足りなくなってくる頃。

そんなみなさんに、たった一つの革靴のおすすめを紹介します。

あれやこれやと悩まずにこれを買っておけば間違いない!
元靴磨き職人サイデスがお送りします。

目次

結論「ビルケンシュトック ジャレンを2足買い足す」

この記事で、新社会人のみなさんに言いたいことはこれだけです。

ご納得いただけた方は、ネットもしくはお近くのビルケンショップへ行っていただいて、
これ以上この記事を読む必要はありません。
時間を無駄にしないでください。

いやいや、写真だけ見ても買う気になはれんて。

という方のために、以下この革靴を2足買い足す理由をお伝えします。

なぜ2足なのか。


2足買え!
ではなく、
2足買い足せ!

ということはつまり、元々履いていた靴に加えて、
「3足で履きわす」
ということです。

これに関しては、多くの方が語っているように、
1足だけを履き続けるよりも、ローテーションで履いた方が長持ちする
というように、よく聞くお話です。

分かってはいるけど、1足で十分じゃないかと思っている人も多いのでは?

きっと具体的にどれだけの差があるのか、いまいちピンと来ていないからでしょう。

そこで、具体的に数字に表してみました。

計算なんかするまでもなく、
1足ローテの人が、3足ローテに変えれば、靴への負担ダメージは1/3になります。

1日・1ヶ月・1年毎の負担ダメージ

短い年数で見れば、微差だったものが、年数を重ねる毎に大きさになっていきます。

このグラフを見て、じゃあ3足じゃなくてもっと買い足した方がいいんじゃない?と思った方は、ぜひそうしてください。

ですが、この後紹介するおすすめの革靴は価格が23,000円。

新社会人のみなさんにとって、何足も買い足すのは厳しい。

よって、まずは2足買い足して、3足から始めましょう。

<靴を増やせば増やすほどいいわけではないわけ>
 ・増えたぶん、手入れをする手間も増える。
 ・場所を取る
 ・馴染むまで時間がかかる

なぜこの靴なのか。

【レビュー】気に入りすぎて2足買いしたビルケンシュトックジャレンとは?
これは前回、別のレビュー記事でも紹介しました。

ですが、今回は新社会人、ビジネスマンにフォーカスして、
なぜこのビルケンシュトックのジャレンがいいのか
お伝えします。

デザインよりも履き心地が最優先。

新しい革靴を履いて、靴擦れを経験した方は多いはず。
もちろん、この靴も最初から全く靴擦れがしないとは言えません。
ですが、他の革靴に比べて圧倒的にすぐに足に馴染みます。

足に沿った自然な形。

新社会人の方は、そろそろ全体の研修が終わり、それぞれ配属先の先輩の元でOJT研修を受け始める頃。

そんな時に、新しい革靴で、足が痛くて先輩についていけないなんて状況、笑えません。

先輩も本来であれば自分の仕事で精一杯の中、
新人研修のために時間を割いてくれてる中で、足が痛くてついていけませんなんて後輩が言うもんなら、
「はぁー」
と大きくため息をつかれることでしょう。

また、スーツを着る着ないに関わらず、事務職であっても、
荷物運びやらで革靴が傷ついたり汚れたりする機会は多くあります。

特に新人で若手のみなさんには、力仕事はよく振られるでしょう。

そんな時に、5万6万もする革靴を履いていたら?
靴に傷がつかないか、気が気でないでしょう。

もちろん、このビルケンシュトック・ジャレンを荒く扱えと言うわけではありません。

ですが、

革靴を大切にするがあまり、周りの人に迷惑をかけているような態度は、ビジネスマンとして失格です。
周りの先輩方からも、信用ガタ落ちでしょう。

その点、ジャレンは値段も高すぎず、一度店舗で試着して、ぴったりサイズを見つければ、ネットでも気軽に買えます。

ウィークポイント「ビジネスシューズっぽくなくない?」

その点については、僕も最初に買う前非常に悩みました。
「これをスーツに合わせていいもんだろうか」
「ちょっとカジュアルすぎるかな」
「先端の丸みが気になるかな」

などと悩んで、すぐに購入に踏み切れませんでした。

靴を履いた時に、真上から見るとジャレンの丸みがとても目立ちます。

自分の靴を正面から見ると丸みがより目立ちます

ですが、他人の靴を見る時、上のような角度から見ることはあるでしょうか。
後ろから抱きしめられるぐらい謎な状況にならない限り(どんな???)、
他人の革靴は正面から見ることになります。

すると、

こんな感じで全く違和感ありません。
見る角度によって、革靴の丸み・シャープさは変わってきます。

そして何より、他人は他人の革靴に興味がありません。
一部の革靴好きの僕みたいな人は、他人の革靴をチェックしてますが、

ほとんどの方は見てないです。
特にビジネスマンとして、致し方なく革靴を履いている人たちは、
革靴の手入れなんてしてません。

僕が生活して見ている中で、革靴をちゃんと手入れしているなとわかる人は、10人に1人程度。

その他の9人は、買った時のままボロボロになるまで履いてます。

そんな人が他人の革靴に口出しなんかできません。
靴のデザインを気にする暇があったら、まずは自分の靴をちゃんと労ってあげているかどうか確認しましょう。

労るとは?
 ・数足ローテーションで靴の負担を減らす
 ・定期的な手入れをしてあげる
 ・靴べらを使う etc.

カジュアルにも合わせられる!!!

このコロンとした丸みは逆に強みにもなります。

いわゆるビジネスシューズっぽい、とんがりが無いため、
デニムなどカジュアルな服装に合わせても違和感なく履けます。

休日ぐらい、歩きやすいスニーカーがいいよって人も、
ジャレンの履き心地を味わった後であれば、
これなら休みのちょっとカチッと足元をしたい時に履きたくなること間違いなし。

さらに、平日・休日の境なく履けるジャレンは、
荷物を増やしたくないミニマリスト志向の人にもおすすめ。

他の靴じゃいけないの?

もしここまで読んでいただいた中で、
「他の革靴も探したい」
「自分の好みに合わないな」
と感じた方は、ぜひ自分で探して見てください。

僕がこのジャレンを推すのは、

僕がビルケンシュトックが大好きなので、休みも仕事もビルケンシュトックを履きたいから。
そして、履き心地が悪いかもしれない、靴擦れするかもしれない靴を履きたくないから。

もちろん、ビルケンシュトック以外にも多くの魅力的な革靴はたくさんあります。
ですが、履いた初日から靴擦れしない、履いてる際に違和感を感じない革靴を僕は他に知りません。

買ってから、磨いて、履いて、磨いて、履いてを繰り返して、
何年も経ってやっと足に馴染んできたなと感じる、
そんな革靴もあります。

ですが、僕は、


「革靴が足に馴染むまで、痛いのを我慢していられるほど、俺の人生は長くない」

と思ってます。

すごく個人的な考え方ですが、
自分の人生、履きたい靴は自分で決めましょう。

僕は履き心地の悪い靴はもう履きません。
(今まで色々失敗してきました)

最後に

どんなに凄腕のピッチャーも、3連戦を毎日投げることはありません。

革靴も同じく、エースだからと言って、控えがいないと言い訳をして、
毎日同じ靴を履いていれば、すぐにぶっ壊れてしまいます。

1足→3足

たったこれだけでも革靴の選手生命は、大きく変わります。


新社会人として、給料をもらっているとはいえ、お金がかかるのは革靴だけではないでしょう。

安ければ、高ければ、コスパがよけばいい革靴であるとはいえません。

そこで間違った選択をして欲しくない、
きっと多くの方が後悔しない、
革靴としてこのビルケンシュトックのジャレンを紹介させていただきました。

新しい革靴の候補として、参考になれば嬉しいです。

このサイトで使っているテーマはこちら↓

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元靴磨き職人サラリーマン。
ビルケンシュトックが好き。
登山やキャンプなどのアウトドアも好き。

コメント

コメントする

目次
閉じる